2012年5月16日水曜日

恐れではなく「恐れを感じている自分が嫌い」という事にプロセスする

521 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2012/04/07(土) 08:30:09.97 ID:H6yhNtQ1

最近はセドナでの成功事例をよく聞くな。
amazonレビューみてみな。
購入当初から経過を書いてる人が何人かいるが面白いぞ。

ちなみに俺は上司に対してプロセスやったんだが、
ネガが消えた直後から面白いように上司の反応がかわった。

プロセスした一例をあげると、「上司の期待にこたえなければいけない」と
「人の評価を気にしてはいけない」という相反する観念がある事が結構あった。
あぁ、無意識でコンフリクト起こしてたのかと。


522 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2012/04/07(土) 09:51:28.63 ID:33LEoywa

>>521
セドナとかポノの手放す系はいまいち向いてなかったと思ってて、
今まで避けてたんだけど、改めてレビュー読んでみた。

自分は「手放す」の意味をまるっと誤解してたために効果が出なかったんだが
レビューの中にも同じような理由で効果を感じられないでいる人がいるなw
いろいろと興味深い。ありがとう。

レビューから「メソッド発見に至る自己探求の旅・レスターの物語」という
文書があることを知ってちょっとググって読んでみたら、これの「何が起こったか」の
ところからまんまマネゲのプロセスじゃんと思う。面白い。


523 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2012/04/07(土) 10:10:24.57 ID:H6yhNtQ1

>>522
そうそう。レスターの物語はまんまだよねw
あと、俺も最初は「手放す」の捉え方を誤解していてなかなか解放できなかった。

「手放す」という所に無意識に
「こんな観念嫌だ。あっちいけ」という観念を持ち込んでいたんだよね。
まさにマネゲのP181の「とても微妙な~」の下りにハマっていた。
 
そこに気付くと解放が面白いように上手く行った。
解放が上手くいかない人は次のように意識してみるといいかも。

例)
 1) 恐れを感じた
 2) その恐れを意識してプロセスする
 3)「その恐れを感じている自分が嫌い(許せない/嫌だ)」という事にプロセスする



524 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2012/04/07(土) 11:18:05.74 ID:MxfuE4iX

スレチだけど、興味深い内容だったので私もちょっとだけ。
セドナの和訳?手放すは、私も抵抗ありました。
手放せてるのか?手放さなきゃいけない、と変な循環にはまって。

自分なりにマネーゲームや他の本を読んで消化するに従って、手放すというよりは
受け入れる、受け止めるって感覚で今はやってます。

そこがマネーゲームのプロセスと共通してるかな。
プロセスの方だと、後半の力を取り戻すってとこも
自分には変な意識が入るから重視しないでやってます。

現実を変えようとしないってとこが大きなポイントな気がしますね。


             Sponsored Link

0 件のコメント:

コメントを投稿