2012年6月9日土曜日

著者ブログより ~感情エネルギーとレッテル張りについて~

981 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2012/04/26(木) 16:39:55.71 ID:XgeCq99f

ロバートのブログのHow to be Happyというのが面白かった。

かいつまんで書くと、幸せとは何か?
人はポジティブな感情とネガティブな感情があってネガティブを消す事だという。
でも、ロバートはネガティブな感情が消える事はないと言う。
そもそも感情とはうまく表現するのは難しいが
「あなたの内面で起こっているエネルギーの動き」だと。


で、感情と言うものは音楽を例に取れば音楽は音だけどそれを聴いて人は
「これは、ジャズだロックだクラシックだ・・・」と判断するのと似ている。

そのエネルギーの動きに過ぎないものに
「これは怒りだ、鬱だ、幸せだ、平和だ」とラベルを貼るのはあなただ。
それは、自動的に起こることで自分でも気がつかないうちに毎日起きてる。
子供の頃から経験していて同じパターンを見つけて、
それを幸せだ不幸だ何だとレッテル張りを続けてる。

でも、エネルギーの動きにポジティブもネガティブも無くて、
あえて言うならずっと中立で心地の良いものだ。
良い事も悪い事もあなたのマインドマシーンが
データベースから引き出して判断しているだけに過ぎないんだよ。

本当の幸せとはそのレッテル張りと純粋なエネルギーを切り離す事なんだよ。
切り離して真実を「見て」「経験」する事なんだよ。



983 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/04/26(木) 17:42:33.17 ID:mSfWjBGw

>>981
ネガティブな感情は消えることはないってロバートが言ってたって!?
プロセスで観念を崩壊させれば感情は起こらなくなると信じていた俺は・・

そういや最近怒って怒鳴っていても感情は全然怒ってないんだが、要するに
心は怒っているんだが怒ってない。言い方を変えると心から怒っているんだが
不快感がないと言ったほうが適切。それを言ってるのか?


985 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2012/04/26(木) 19:09:35.54 ID:XgeCq99f

>>983
感情が起こらなくなるのではなく、それにレッテルを貼ることはなくなると
そのブログのコメントに答えて書いてるね。

ロバートは純粋な形でのエネルギーの状態では怒りと純粋な興奮は同じ様なもんだ。
ついでに平和と退屈も同じ様なもんだっていってる。
要はその純粋なエネルギーの形で受け入れろよ、って事かと。

別の質問であなたの奥さんと子供が事故で死んでも幸福で居られるのか?
と聞かれているんだけど、それにはこう答えている。

一度真の幸福を経験すると全ての事が全く変わってしまう。
それには悲劇と言われるものも含まれる。

感情が表れてもそれにレッテルを貼るのではなく
全てを否定する必要が無く、歓迎して受け入れるものだ。
全ての嘘や幻想が消え去ると何かを消そうとする必要がなくなる、と言ってる。


意識でこれを理解する事は決して出来ないだろう、経験したものにしか分からない。


987 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2012/04/26(木) 19:35:44.52 ID:2YvreNf/

>>983
いや、感情はホログラムなんだからネガティブな感情は消えるだろ、普通に


989 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2012/04/26(木) 19:48:23.04 ID:XgeCq99f

>>987
感情がホログラムというか感情に張るレッテル
(怒り、悲しみ、喜び、とか色々)に振り回される事がホログラムなんだと思う


986 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2012/04/26(木) 19:24:16.73 ID:uWbk+inQ

>>981
新しい情報教えてくれてありがとう~!
英語が読めないからとても助かります!!
最近自分に起きる出来事(所詮幻想なんだろうけど)に、
いちいち一喜一憂するのに疲れてしまって…。
早く第2段階に進んで心の平和が欲しい…。


988 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2012/04/26(木) 19:46:26.96 ID:XgeCq99f

>>986
別のロバートの文章の中で
「フットボールにハーフタイムがあるように、ゴルフに次のラウンドがあるように、
人間ゲームにも新しい回は巡って来る」って言ってるよ。
つまり、真の自分に目覚める為の時が巡ってるそうだ。

あなたが第二段階に入ったら、起こることは全て完全に自分に目覚める為の経験なんだって。
今あなたが経験しているその事こそが「真実」を再発見、再経験する為の出来事なんだよ。


             Sponsored Link

0 件のコメント:

コメントを投稿