2012年6月16日土曜日

シンクロニシティの研究① 原因不明の難病が完治した

189 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2012/05/08(火) 18:20:00.26 ID:abkK51Y5

俺自身この3年ほど家族が目前でビックリするぐらい、もの凄いシンクロニシティが続いてて
俺の病気は全部治るわ、強盗は撃退するわ、母の末期ガンもまるでモーセの海割りみたいに
すーっと道が出来て(次々と病院を転々として、あるお金持ちの紹介を受けることになり)
そこで治療した結果、完治した。

自分の商売が怪しくなってきたら、全然意図しない方向から誘いが入ったりして沈む気配もない。
先月は車の新型が出るって情報が入った次の日、信号待ちで追突されて
そのままお金貰って乗り換える流れに。

こないだも、ふとパリスヒルトンがレクサスLFAに乗り込んでる画像を観て、
それまで彼女に興味がなかったのにリッチな気分がしたからPCの壁紙にしたら、
数時間後、ベンツのオープン(SLK)をディーラーが代車で持ってきた。
それまではそういうの持ってきたことなかった。

俺の病気は、不治で原因不明と言われ続けてて、とあることが切っ掛けとなり、
これまたすごい流れで完治していったんだけど(長いので省く 知りたかったら教えてあげる)、
強盗の時もセコムが「来るのわかってたみたいですね」と驚くほど

事件の数日前からすべての窓にバリケードを打ち付けていた。
(これが自分で幻想を作ったってやつなのだろうか?)
そんなこんなで、ずっとシンクロニシティについて調べてたんだ。

潜在意識→マーフィ→マネゲ本に辿り着いた。
読んでみると自分の経験と作者の過去の経験がほぼ被ってることにビックリ。
作者が、フィールドの世界では結果と原因が逆転しているって書いてたけど、
それこそが俺の気になっていたことだ。

知ってたからそうしたのか、それとも、そうなることを予見したから、そういう行動に出るのか。
ずっと疑問だった。

近い話だと、ベンツのオープンカーが楽しくて、京都に行ったりしたんだけど
その帰りに突然割り込んできた車がいて、ナンバープレートが妙に気になった。「507」

で、507にまつわるなにかがあるんかな??とネットで調べてみると
ロト6の656回が5月7日抽選だった。昨日。
ロト6は買ったことなかったんで、とりあえず店のオバチャンに書き方を教わり
俺の誕生月と日、年齢、 嫁と子供のそれぞれの数字の計6つをマークしたら‥
しっかり5等だったw

当てる気もなかったんだが、昨日、たまたま目に入った
「黒いチーズケーキ」という店の上に書かれていた3ケタが俺の誕生月日の数字で
ロトで的中していた数字が、子供の月と嫁の日、年齢の3つだった。
黒いチーズケーキの数字が当選番号に加わっていれば‥みたいなw

長くてごめん。
でもマネゲの作者と俺は人生経験がかなり多く被ってる。
大抵、人生最悪の時を経験すると、大きく開けたりするし、
知らず知らずにプロセスは会得していたと思う。

でも、その理屈や活用方法は定義ができていなかった。
3日前に本と出会ってビンビンしてるとこ。


192 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2012/05/08(火) 19:09:27.82 ID:uTu2M3Tv

>>189
これもすごい。
本来の自分がジャストのタイミングで創り出すホログラムだということがよくわかるね。


196 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2012/05/08(火) 20:01:35.11 ID:iqKL8gT8

>>189
健康オタクなんで、病気の完治について知りたいなー


205 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2012/05/08(火) 22:35:29.69 ID:abkK51Y5

みなさんレスありがとう。
自分の人生は自他共に認めるほど不思議が多いので、
科学的にもスピリチュアルからも解明をしようと頑張っています。

>>196
長くならないようにまとめると、こういう感じです。
仕事で儲けまくってた時期に全身多発性円系脱毛症にかかる。
どの医者に行こうとも治療法、原因ともわからず。

数年間、真夏もニット帽の生活。あるとき、商売繁盛祈願に訪れている神社のお坊さんに
病気のことを話すと「墓参りに行け」「墓の近くに木が立ってるはず」と言われる。
墓参りなんて行ったことがなかった。

俺側の墓は京都、嫁側の墓には何と御神木が墓のすぐ横にそびえ立ってる。
しかもうちの墓だけ、その木のお陰で傾いてる。

とりあえず毎月両家の墓参りに。
ちょうど1年後、京都の墓参りの帰りに腕に激痛→翌日嫁側の墓参りの時、
すぐ近くにあった病院へ。

すると元内科医の先生が偶然居合わせて、俺の首元を見るなり
「あんたバセドウ病だね」と言われ紹介状を貰う。
紹介先の病院へ通院していると、バセドウはどんどん回復。
先生は前例がない、と言っていたが、なぜか脱毛症も回復。

文章にすると淡々としてしまうけど、自分がバセドウとは知らずに
精神的に追い詰められまくってた時期を思い出すといまでも恐ろしい時期だった。
1人法人なんだけど、徐々に景気は悪化。毎日売上げや成果に追い詰められる日々。

嫁や子供にも辛く当たってた時期も長く、家庭は崩壊寸前。
でも自分は家族の為にやってるんだ、という無駄に強い信念からか自分も精神崩壊しかけ。
毎月の請求や借金返済に追われながらも、ストレス発散の為に散財。
まさに負の連鎖ってやつだ。

それが2年ぐらい続いたのかな?
心臓痛すぎて起きれない日や、突然目が見えなくなったり大変だった。
で、あるときに、全部諦めたんですよ。もういいや、って。
本気で生きてるのがしんどくなってきた。

だって追いかけても追いかけても、どれだけ売上げを伸ばしても
一向に気持ちが豊かにならない、常に不安に襲われてる上に全身ハゲ散らかしてるし、
もう人間の形相をしてなかったしw

それこそ、マネゲの例に出てくるゴラムそのものだった。

そんな時にお坊さんの「帽子を取りなさい!」って言葉からすべてが回復した。
なんでお坊さんが墓の近くに木が生えてることや、なぜかその嫁側の墓の近くに病院があって、
偶然、内科医(その日、本当に偶然にいたらしい)が居て、俺を見たのか。それはわからない。
まるでドミノ倒しのようにパタパタと展開していった感じ。
それまで悩みに悩んでいたことが、一瞬にして解決へと導かれたような光を感じた。

長い期間の話なので、シンクロニシティ的にはインパクトに欠けるかもしれないけど
個人的には、数ある不思議現象の中の代表的なひとつです。


209 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2012/05/08(火) 23:18:28.02 ID:2cTbjv+j

>>205
帽子を取ったらハゲが治って壊れかけた精神と家庭も元通りになって
借金もなくなって金銭的にも心も豊かになったってこと?
全てが回復ってどういうこと?


214 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2012/05/08(火) 23:42:14.56 ID:abkK51Y5

>>209
ああ、あくまでハゲの病気部分だけ重点に書いたからちょっと伝わりにくかったかも。

そもそもコンビニで並んでる時も脚がガクガクして立ち続けられなかったり
心臓の動悸が異常に速かったんだよ、子供の頃から。

でも幼少からそうだったんで、特に問題視はしていなかった。
周りからはよくからかわれたけど。

それ以上に、俺も嫁も実家が貧乏で何のバックアップもない、
それなのに10代で子供を作ってしまって、肉体労働の日々、俺を目の敵にする嫌がらせの応酬、
お陰で職を転々としながら、どうやって生きていけばいいんだろうかと悩み抜いた10年。

人と関わることへの恐怖から、気がついたら、自分で商売を「作り上げて」、
独自のビジネスに人生を委ねるしかない暮らしに行き着いてしまった。

そんな中で、面倒な病気にかかったり、なぜか過剰に不安感に襲われる数年を経験して
(わけもなく近隣に怒鳴り散らしたりして抑制が効かなくなっていた)
もう自分でも、制御不能。精神崩壊。
経営の苦しさがもたらしているものとばかり考えていた。

あなたの周りにもいませんか?
過剰に心配性みたいな人、それの強烈版だったんだよ、バセドウで。
だけどもバセドウ病って自覚というか、その存在すら知らなかった俺は、
意味不明の精神の病と経営の苦しさ、家族を養うというトリプルパンチの中、
必死に進むしかなかったわけです。

それらが、お坊さんの話で一気に解決したってこと。
つまり、バセドウが治る→ハゲが治る→経営に対する余裕の視野が持てるようになった。
経営に対する余裕の視野ってのは、(マネゲを読む何年も前の話だよ)、
すでにホログラム的なものをすでに感じられるようになっていた、ということ。
借金も解消できたし、すべて回復。

あと、金銭の数値が幸福をもたらすものではない、つまりマネゲ本の最初の方の、
絶対負けるゲームに身を投じてた、ということが理解ができていたということ。
そのあたりまでの解決がバセドウ克服により得ることができた。
もちろんその後も別の波乱が次々とやってくるんだけど。


217 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2012/05/09(水) 00:19:17.36 ID:xuhbTrIg

>>214
まさに第一段階でもがくことで、自分の理想パターンを見つけた、という事じゃね?


223 名前:214 投稿日:2012/05/09(水) 00:37:37.70 ID:LTmZkGg0

>>217
ありがとうございます。
3日前にマネゲの本を読んでさらに「おぉっ!」と思い気付いた部分があります。

俺は映像や音楽の広告プロダクションの仕事を1人で立ち上げて法人化してるんですが
今年で8年目、数十社との取引の中でクライアントと実は一度も誰とも会ったことも
声を聞いたこともないんですよ。すべてメールでのやり取り、送金は口座に振り込まれます。

まあアフィリエイトとかで食ってる人もいるので、現代の感覚的には
普通かもしれませんが、でもよくよく考えてみたら、これほど
「自分が作ったホログラム」を意識しやすい相手はありません。

だって姿カタチのない相手に仕事を依頼されて、
姿カタチのない相手に入金されることが何年も続いてるわけです。
つまり取引の度に送られてくるメールは自分が作った幻想であると、そういうわけです。

一般的な生活を送る人は、実体が目の前にあるから
ホログラム認識がしにくいかもしれないですね。あまりに巧妙でリアルなので。
でも俺の場合と同じく相手はホログラムであることは変わりないので、
俺の例をたまに思い出して頂くとイメージがしやすいかもしれません。


226 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2012/05/09(水) 00:40:44.39 ID:xuhbTrIg

>>223
あなた、何気に凄いですね。体験談が非常に参考になりました。
まさにホログラムの世界を生きてる感じですね。ありがとうございました。


230 名前:223 投稿日:2012/05/09(水) 00:48:32.23 ID:LTmZkGg0

>>226
ありがとうございます。
でも、でも!なんですよw

シンクロニシティの発動方法もまるでわからず、ホログラムの認識も出来てるし
これまで苦悩の日々や状態を「受け入れる」ことで、
次のステップへの扉が開かれることも体感してきました。
でも実際は、今月の支払い、ちゃんと廻るかな‥ですw

あ、そういえば今日気付いたことがありますよ。
マネゲ本を読んでて、何となく気持ちが軽くなったので友達と軽口ながら
「こんな商売もうかりそうじゃね?」みたいな冗談交じりのトークをしていました。

実際は昨日のロト6みたいなノリで突如の入金!を期待していたのですが
それも5等なので大した金額にはならず(判断してるから?)。
それで意味もなく、冗談交じりに友達とトークしていたわけです。

でもあとで気付きました。
なんであんなスラスラとビジネスアイデアが出てきたんだろう?って。

こういう突然浮かび上がる「発想」も、自動入金システムに関わるもののひとつなんだと。
というわけで、マネゲ論、いや量子力学はかなり深いです。


232 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2012/05/09(水) 00:56:03.08 ID:Zi1M/UNh

ホログラムを自在に操れるようになるまでには遠い道のりがあるし、
そうなるためには、そもそもホログラムを操りたいと思う気持ちを
無くさねばならないというパラドクスがある。


234 名前:230 投稿日:2012/05/09(水) 01:03:59.07 ID:LTmZkGg0

>>232
つまり、ロト6で一攫千金を切望するのではなく、
無意識に友達との会話でビジネスの閃きがあったことこそが
「大いなる意識」の手引きであるということですよね。

これまでの自分の人生をまとめると、

・その過酷な状況を諦めるというか、受け入れることで、次が訪れる=プロセス?
・新しい状態は、常に自分に苦手とする最悪の状態でやってくる=第二段階の世界?
・期待して得ようとしてもダメで、「素晴らしいもの」は無意識に訪れることが多い
・俺の取引先環境のように、メールの文字だけの相手として捉えればホログラムを認識しやすい


             Sponsored Link

0 件のコメント:

コメントを投稿