2020年4月27日月曜日

自分さん25 本来ある姿になれば、自然とすべて好転していく状況になっていく。

57 :自分 ◆3wwHKM8d6k :2013/07/23(火) NY:AN:NY.AN ID:AOg4AFRc
もうひとつ書くが、「わかる」も「わからない」も「ない」のだ。

それらも、脳の勝手な認識が生んだイベントである。

早く超越しなさい。すればあなた方の「望む」ゴールだ。
それもないんだがね。


59 :自分 ◆3wwHKM8d6k :2013/07/23(火) NY:AN:NY.AN ID:c5C5C/iI
執着という作用がなければ書き込みはできない。
あなたもそうだろう。

面白い話をしてやろう。
私が執着を手放したらどうなるか。

答えは
「私はこのスレに現れなくなる。」

ふふふ。
まあ普段は執着を手放すことが日課になっているから
執着をしている時間があるからこそ、「手放しているとき」を知れるんだがね。


61 :自分 ◆3wwHKM8d6k :2013/07/23(火) NY:AN:NY.AN ID:c5C5C/iI
釈迦は悟りを開いたが、なぜそれを彼は知っているのか。
それは悟りを開いていないときがあるからだ。
つまり、「いまに在る」という状態は
「いまにない」状態があるからこそ認識できる。つまり思考だ。

いわゆる二元論だが、これは深い意味がある。
つまり、悟りを開くも開かないも、同じことなのだよ。
今に在るもないも同じことなのだよ。

一旦、それらの境地を知ることは大切だ。
それらは何の意味もないことを知るためだ。

だからすべてのスピリチュアルは最終的に忘れる必要がある。
意味などないからだ。

ただあなたの存在があり、その存在とは、あなたが生きている世界である。
まあ死ぬときにすべてわかるよ。「ああ、見てきたものが自分だったんだな」ってね。


63 :自分 ◆3wwHKM8d6k :2013/07/23(火) NY:AN:NY.AN ID:c5C5C/iI
良いことを教えてやろう。
これは「やまがみてるお」氏の著書に書いてあった内容だが
重油が海に流れ出た時に、それを喰らい消化するバクテリアが海にいるらしい。
彼らは「単に空腹の欲求を満たしただけ」だが、
世間的には、環境保護に捉えられる。

つまり、欲求を満たすことは存在の意義なのである。
このようにも考えられる。

我々の起こす行動のすべて、指を動かすから、食事睡眠、性欲まで
すべて欲求である。

つまり我々は欲求のために存在しているのだ。
すべての行動が欲求を満たすために出来ているからだ。


64 :自分 ◆3wwHKM8d6k :2013/07/23(火) NY:AN:NY.AN ID:c5C5C/iI
では「欲求」とはなにか。
そんなものは「ない」のだ。

我々が勝手に「欲求」という分類を与えカラーを与えているだけだ。


66 :自分 ◆3wwHKM8d6k :2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN ID:4U905GqN
世界は自分であると私は説いた。
つまり、あなたが望んでいるから、いくらでも私が生まれるのだ。
望むとは、何かしら否定をしたい欲望だ。

そして、あなたがいるから、私が「伝える」という行為が生まれるのだ。


67 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN ID:rC0T3obk
病気で2回ほど死にかけた人だが
死ぬときに悟るはどうだろか。

意識が遠のいてそのまま麻酔だったが
お花畑も見えなかったし幽体離脱も
しなかったし、この世界に対し気付いたこともなかった。
運よく難を逃れたが。気付く人は気づく。
気付かない人は気づかない。

なんで死にこだわるのか。
幻想を楽しみたくてマネゲ購入したんだから
幻想を適当に楽しめばいいじゃないか。



68 :自分 ◆3wwHKM8d6k :2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN ID:4U905GqN
>>67
あなたにとっての「悟り」が何かわからないが
つまり「ゴール」やら「終わり」やらが見えた時点で
「それまで」が浮かび上がるのだ。

つまり、目標が重要ではなく、過程が大切だったんだな、ということだ。


69 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN ID:rC0T3obk
よく知らないけど釈迦とか悟った人とからは
知る必要があるものと、知らず追究せずとも
いいというものがあるというのが解ってたらしい。

一番、危険を伴うところに真理は潜む。
だから一番、危険を伴わないよう真理を捨てる。
気楽にやろう。闇が光の輝きを増す為にあるのなら
闇すらにも感謝できる。その程度の認識でいいじゃん。



72 :自分 ◆3wwHKM8d6k :2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN ID:hIuA9PfL
>>69
いいねえ!その軽さで良い。

すべてどうでも良いことだ。
それに気付かせるために、教えがある。
死にしろ、教えだ。
喜びも教えだ。
いまも教えだ。

では何を教えているのか。
我々の生きている世界、つまり自分自身は
何を自分に伝えているのか。

ただ在りなさい、そういうことだ。
虫を観察しなさい。ただ彼らは生きている。

精神世界を学ぶ我々は、正直言うと、
近所の「ただ生きているおばあちゃん達」に比べて
求めすぎているのだ。

求めすぎているから、ここにいるのだ。
ただ在れば良い。


近所のおばあちゃんたち、みんなただ存在を感じている。
求める必要はない。ただ、在りなさい。


73 :自分 ◆3wwHKM8d6k :2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN ID:hIuA9PfL
さて、何度も書いてるが「好きなように生きなさい」。
他人への迷惑など考える必要もない。
考えたければ考えれば良いが、あなたに制限を与える。
マゾヒズムな性質ならばそれも良いだろう。

答えなどないのだ。
あなたは、ただそこにいる。
本当にそれだけなのだよ。

唯一のメソッドとしては
執着しない。

そうすれば、日々起こる出来事に飲まれるように流されていくだろう。
それに乗ればよいのだ。それが本来ある姿だ。植物をみなさい。

本来ある姿になれば、自然とすべて好転(と感じられる)状況になっていくだろう。
我々は自ら勝手に制限を作り上げていることに気付きなさい。

すべてどうでも良いことだ。


77 :71:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN ID:zT59Gvbe
ずっと読んでて理解は出来てるつもりです。
でも、それ以上のことが起きないのですが・・・。
それはつまり、実感が伴っていないからではないでしょうか!?



79 :自分 ◆3wwHKM8d6k :2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN ID:hIuA9PfL
>>77
何も実感できない、何も起きてこないこそが、正しいのだ。
だがそれが正しいと理解できないから、一旦「悟り」や「ワンネス」を
経験した「ほうが良い」
その程度の話だ。

あなたはそこに実在している。
その実在をもっと優しく感じてあげればどうだろうか。


82 :71:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN ID:zT59Gvbe
>>79
それを考え出すと、頭の回転が鈍るような感じになります。
おそらくエゴの仕業のような気がします。
これを正せば、気づくと思ってたのですが・・・。
思い違いと言う事ですか。
ありがとう。



84 :自分 ◆3wwHKM8d6k :2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN ID:hIuA9PfL
>>82
すべてが答えだ。つまり「答え」などないのだ。
あなたが知り得たすべて、人生で感じたすべてが、「すべて」なのだ。

あまり深く考えないよう、配慮をしている。

気付きも大したものではない。先にも書いたがあくまで「知る」ための過程だ。
我々が認識できる範囲では、あなたの人生こそがすべてである。
だから思う存分、わがままに生きなさい。それだけで良い。


2020年4月19日日曜日

自分さん24 私は存在しない。なぜならば、すべてこそが私だからだ。

35 :自分 ◆3wwHKM8d6k :2013/07/23(火) NY:AN:NY.AN ID:tLCV73ZW
ダグラスハーディングが解読したように
本来の自分と思っているさらにゼロメートル地点での捉え方や
私が日頃話している、自分以外のすべてが自分である、
青とは青以外の色の以外である、というような
スピリチュアルではよく表現されるそれらの解法だが
もっとわかりやすくすればこういうことだ。

あなたがこれまであった出来事を思い出してほしい。
どんな小さなこともでもいいが、つまりそれまで生きてきた人生そのものが
出来事の集大成だろう。
2日前にコンビニで傘を忘れてアタフタした瞬間があったかもしれない。

では聞くが。

2日前のコンビニの出来事が消えたら、あなたは何を経験していたのだ?
おや?と思うだろう。何も経験できないのだ。そこには何もないからである。
過去の人生、受験でも親でも趣味でも、喜びも悲しみも
それら出来事が消えてしまったとき、あなたはそこに存在できない。
なぜならば「あなたを示す対象」がないからである。

出来事があり、それを体験し感じているあなたがいるが
つまりは出来事こそがあなたなのだ。


見えているもの、聞こえているもの、それらすべてがあなたなのだ。
それらがなかったら、あなたは「ない」のだ。

あなたは日頃、見聞きしている「出来事」である。
つまり「いま」である。


「いま」とは、あなたをノンフィルターで感じられる境地のことだ。


37 :自分 ◆3wwHKM8d6k :2013/07/23(火) NY:AN:NY.AN ID:tLCV73ZW
手放しの法則も、マネゲのプロセスも執着を捨てるための手段だ。
なぜ執着を捨てるのか。
それは「いま」を感じられるようになるためである。
すべてから執着を捨てた状態を「イメージ」してみたらいい。

リンゴを見ても、それをリンゴと解せず色や形も捉えず
ただ波動を感じるだけだ。
もちろん、記憶の残像など微塵もない。不安も悩みも希望も嬉しさもない。
ただ、波動の中に、波動が調和する至福があるだけだ。

その「状態」があなただ。


38 :自分 ◆3wwHKM8d6k :2013/07/23(火) NY:AN:NY.AN ID:tLCV73ZW
親でも兄弟でも恋人でも、身近にいる人に対して
「あれ?この人誰?」と忘れてみなさい。
本当に忘れるのは難しいが、
忘れたと仮定した視点で相手を観ることができるだろう。

そのとき、何らかに気付けるはずである。


39 :自分 ◆3wwHKM8d6k :2013/07/23(火) NY:AN:NY.AN ID:tLCV73ZW
執着とは、思い込みや概念のことである。
つまり執着を捨てると過去や未来が消え去り純粋なゼロ地点の「いま」が姿を表す。


41 :自分 ◆3wwHKM8d6k :2013/07/23(火) NY:AN:NY.AN ID:tLCV73ZW
すべては波動である。
波動が常に生まれ過ぎていく。

我々の脳、いや脳の「記憶」という名の翻訳機は
それら波動に勝手な翻訳を与え認識する。

ある波動に対し
「これは私のワイフだ。私のワイフは小柄で髪は長くルックスはこうで‥」
またある波動に対し
「請求書、これは私を蝕むものだ。悩ませる。困らせる」

我々は、脳の外側というものは
本当はどういう世界なのか知る術はない。
あくまで五感から各神経を通った刺激により浮かび上がった「像」を
観たり感じたりしているだけなのだ。

実際には歩いてもいないし、疲れてもいない。
ただ、「いま」を通じて感じられるのは、
それらがただそこに在るだけという、色も形ないもの。
しかしエネルギーのようなもの、だから波動としておく。

そしていつも書いている通り
それら波動を感じて、脳は自らのポジションを確立する。
つまりそれら外部的な要素こそが、自分ということになる。

だが!
それすらも本当は誤りなのだろう。
「脳」も「外部」もないのだ。

ただ波動があり、その中で分離が生まれている。


42 :自分 ◆3wwHKM8d6k :2013/07/23(火) NY:AN:NY.AN ID:tLCV73ZW
さて、そこまで行ってしまうことが目的であれば構わないが
この「脳」が勝手に自己都合的に翻訳した「好ましい像」に囲まれたいのならば簡単だ。
翻訳機のデータベースを変えれば良い。

貧乏が幸福で
辛いが嬉しいなどにすればよいのだ。
だがそれは置き換えているだけなので、また苦しみが訪れる。

つまりは何事にも囚われなければ良いのだ。

「私に起こっている出来事のぜーんぶが、私なんだ」と理解しなさい。
全部あなたなので囚われることはない


45 :自分 ◆3wwHKM8d6k :2013/07/23(火) NY:AN:NY.AN ID:tLCV73ZW
我々は子宮から生まれ、そして死で終わると教えられている。
だがそれは単に「そのように」教えられたことであり真実ではない。

生も死もないのだ。
波動のサイクルがあるだけで
そこには生も死もない。
脳の記憶という翻訳機が、生があり死があると思い込んでいるだけだ。
音波を見てもわかるが、周波数は上下動を繰り返す。

これが宇宙の法則などと名付けられていたり、
この世界に「周期のようなもの」が常々存在している理由である。
だが「周期」などもあくまで「記憶装置」の翻訳によるものなので
実際は何なのかわからない。

いま私が「それ」に対して疑問を持ったから「それ」が存在しているだけだ。
さっきのコンビニの話の逆バージョンである。
このように、それぞれが、その相手を生み出す。
それが世界のカラクリである。


では、この脳内世界でどのように生きればよいのか。
答えはひとつだ。

好きなように生きなさい。


44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/23(火) NY:AN:NY.AN ID:xIynm0cl
>>41
脳の外側が分からない?

では、どうして共通の認識を持つことが出来たの?

みんな赤を見て「赤だ」ってわかるじゃん
万人が共通の認識を持つことが出来るから
脳内だけではないんじゃないの?

ちゃんと「外の世界」もあるんじゃないの?



46 :自分 ◆3wwHKM8d6k :2013/07/23(火) NY:AN:NY.AN ID:tLCV73ZW
>>44
>みんな赤を見て「赤だ」ってわかるじゃん

それはあなたの認識だ。
あなたの眼球が赤を感じても、同じ色が他者からは、あなたにとっての緑かもしれない。

だが、ここで話しているのはそういう概念的な話ではなく
もっと包括した内容だ。


47 :自分 ◆3wwHKM8d6k :2013/07/23(火) NY:AN:NY.AN ID:AOg4AFRc
つまり、あなたも私も、他者であり共通の世界があるから、同じ認識があるのではなく、
ひとつの波動なのだ。ひとつの中で、勝手に分離した錯覚に陥っているだけだ。
だから共通の認識がうまれる。


48 :自分 ◆3wwHKM8d6k :2013/07/23(火) NY:AN:NY.AN ID:AOg4AFRc
シンクロニシティも、偶然も、他人が同じものを見る、も、当然といえば当然だ。

なぜならば、すべてひとつの波動の内部だからだ。
あなたの体内に60兆の細胞があり、それぞれがまた細かく分割されている。無限だ。
だがあなたという「空間」があり、あなたも地球や宇宙という空間の一部だ。無限だ。

凶悪とか奇跡とか、金持ちとか貧乏とか、あなたとか私とか、
実体はひとつだ。


49 :自分 ◆3wwHKM8d6k :2013/07/23(火) NY:AN:NY.AN ID:AOg4AFRc
自殺をすれば報われないとか、カルマとか
スピリチュアルとか、幸福とか、ブスとか100人切りとか
それらはすべて、我々の脳が勝手に作り出したイベントみたいなものである。
すべてのものは、嘘だ。デッチ上げである。

なぜならば、ただ漠然と波動があるだけであり
脳が自らのポジションを確立する為に、その対象を作る。
その対象が「それ」である為に対象を作る。これが因縁生起だ。

つまり原点である、脳が渇望する「ポジション」を放棄すれば
自ずと波動に調和するのである。つまり認識できない「それ」である。


52 :自分 ◆3wwHKM8d6k :2013/07/23(火) NY:AN:NY.AN ID:AOg4AFRc
「私は存在しない。なぜならば、すべてこそが私だからだ。」

常にこの法を唱えよ。
アイデンティティを捨て去りなさい。

もっとくだけて言えば、
常にあなたに起こっている周りの出来事を優先しなさい。ということだ。

あなたが早く家に帰ってゆっくり風呂に入りたくてもだ。
あなた自身わき起こるエゴイスティックな感情など素通りしなさい。
あなたは世界のためにある。世界があなたである。

そうすれば人生に自然なサイクルが感じられるようになるだろう。
本当の意味でね。
それはなってからのお楽しみ。


54 :自分 ◆3wwHKM8d6k :2013/07/23(火) NY:AN:NY.AN ID:AOg4AFRc
ある波動の中で分離された「私」は「共有、肯定」だ。
同じように、同じ波動の中で分離された「あなた」は「否定」なのだろう。
これは私からの視点ゆえに、私こそが否定だ。
そして私からの視点ではあなたは、私が肯定である。
つまり、どうでも良いことだ。

大人から見た、小学生の小競り合いのようなものだ。
小学生を超越した立場の視点でみれば、小学生のどちらも正しいし誤りであるが
ただ「小競り合い」が在るだけだ。
しかし小競り合いすらも、大人というバックボーンには消失してしまう。

どうでも良いことだ。

あなたが私に関わる以上、執着である。
私などどうでも良いことに気付きなさい。

そして私も気付くのだ。


56 :自分 ◆3wwHKM8d6k :2013/07/23(火) NY:AN:NY.AN ID:AOg4AFRc
仏陀は世間に執着をしていたのか。
なぜ生き続け、伝え続けたのか。

キリストも、現代の覚者たちもなぜ書物を残してまで伝えるのか。
それは執着か。
無論執着だ。

現世の我々が根源とする彼らに執着がある。
先日も書いたが、彼らは生きた。飯を食い睡眠を採った。

なぜか。
ワンネスを知れば必要のないことだ。
そしてすべて己であれば、伝えることなど意味もない。
だから釈迦は迷ったのだ、伝えるべきか、そうでないか。

ちなみに書くが、執着する瞬間も人生の素晴らしい経験である。
実際は執着などないからだ。脳がそのように認識しているだけである。


2017年12月30日土曜日

自分さん23 ゴールがあるから、それまでの過程を喜びと捉えられる。それが悟りだ。

966 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/21(日) NY:AN:NY.AN ID:gbkLk9K6
「自分」だと自分が書いたレスかと思って1時間ほど悩んじゃうよ



969 :自分 ◆3wwHKM8d6k :2013/07/21(日) NY:AN:NY.AN ID:3DmV2oaG
>>966
>「自分」だと自分が書いたレスかと思って1時間ほど悩んじゃうよ

その通り、そのようにするために私は「自分」と名乗っている。

さて、みなさんは「双六(すごろく)」の経緯を知っているだろうか?
双六は仏教を多くの人に広めるために、仏教徒が思案して
ゲームとして伝えやすくするために生み出した娯楽である。

だが、本当の意味は「仏教を多くの人にわかりやすく伝える」ためではない。

双六の本当の意味は「ゴール」があることだ。
人生ゲームでも、テレビゲームでも必ず「ゴール」があるだろう。
それが悟りだ。ゴールがあるから、それまでの過程を喜びと捉えられるのだ。

蚊を殺したとき、蚊にとって悟りである。
なぜならば、死によりそれまでの「生」、様々な出来事が浮かび上がるからだ。

だから常に死を意識しなさい。あなたはいずれ死ぬ。
この掲示板の書き込みですら、美しい奇跡の出来事だったと認識できるのだ。


972 :自分 ◆3wwHKM8d6k :2013/07/21(日) NY:AN:NY.AN ID:3DmV2oaG
さてこれを見ている人よ。
私がどのようなレッテルを貼られようが
私が私であることに変わりないことに気付いているだろうか?

私は小物であり小人である。
だが私である。

例えばあなたは医師であり教師だ。
野球選手であり、フリーターだ。
だがそれらはあなたではない。


974 :自分 ◆3wwHKM8d6k :2013/07/21(日) NY:AN:NY.AN ID:3DmV2oaG
死は通常、我々が認識しているほどの恐れるものではない。

どちらかと言えば、防護ネット、つまり究極の安心なのである。
だから自由に生きなさい。やりたいことをやりなさい。
死が守ってくれる。
あなたは自由に生きていいのだ。


979 :自分 ◆3wwHKM8d6k :2013/07/21(日) NY:AN:NY.AN ID:3DmV2oaG
私は幻である。まあいつも書いているが実在していない。
読み手のそれぞれの捉え方により、私は変幻自在に「在る」のだ。

あなたにとって、私がそのように見えていることが悟りなのだ。
AKB48にどのような印象を持つ? その答えがあなたの生だ。
そしてあなたの悟りである。


982 :自分 ◆3wwHKM8d6k :2013/07/21(日) NY:AN:NY.AN ID:3DmV2oaG
つまり、すべて「どうでも良いこと」なのだ。

囚われず、自由に生きなさい。
欲求に正直に対応しなさい。欲求が浮かぶことすら
そのタイミングでプログラミングされたようなものだ。
流れに乗りなさい。
抵抗すれば苦がやってくる。どのような場合も抵抗すれば苦しかない。
失う時も得るときも、その通りに従いなさい。

キリストもエゴの塊である。
だがエゴの視野があるから、悟りが見えるからだ。
伝える、残すは、分離を生む。

なぜ命をかけてまで伝えたか私はわかる。
命など、特に意味はないからだ。


1000 :自分 ◆3wwHKM8d6k :2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN ID:IIS8Ok7e
キリストも釈迦も、「知らんもんは知らん」の人も、私も。
伝えるということは分離である。
なぜ知り得ているはずなのに、伝える必要があるのか疑問に思っている人は多い。

実は、彼らも(私も)伝えることで確証を得たいのだ。
そうでなければ、すぐさま生を超越する。空海が最後に痛感したのはそういうことだ。
キリストも釈迦も自らの命を立たなかったが、唯一、空海だけが生き仏となった。
(感化された後世の仏教徒もいる)

伝えることで確証を得たい。それはなぜか。
「今」と「エゴ」を行き来しているからだ。
キリストの残した言葉は、まさにエゴ視点のものばかりである。

なぜか。

それは悟っているからだ。気付きがあるから、エゴ視点で物が語れるのだ。
ではなぜ、生を堪能したのか。釈迦は80代まで生きたという。
大いなる存在があるならば、すべて自分であリ、すべて超越したものである。
つまり釈迦の弟子たちも釈迦の視野でみれば、すべて自分自身の世界のはずだった。

だが、彼は睡眠や食事をやめなかった。そして伝えることをやめなかった。
自分の世界に伝えて何の意味がある? 意味などないのだ。
つまり、自分が良ければそれでいいのだ。自らの納得があればそれで良い。
だが苦行に生きた空海はそれを認めなかった。
しかし釈迦は苦行を脱した。
この違いは大きい。

現世に生きるあなたよ、好きに生きなさい。死んだら終わりだ。
すべてに意味などない。ただあるだけだ。
あなたが経験したこと、見たこと聞いたことがすべてだ。それが人生だ。
経験をたくさんしたければ冒険しなさい。
守りたければ、守りなさい。
ただそれだけだ。
すべてに意味はない。

あなたの人生が、すべてだ。